レンタルDXに取り組むTENTが全国50店舗以上を展開する「釣具のキャスティング」と釣具レンタル事業で協業開始

レンタルモール「カウリル」に釣具のキャスティング公式レンタルストア出店。全国店舗での受け取り・返却も可能に。

レンタルモール「カウリル」やレンタル専用在庫管理ツール「ZAIKA」を運営し、レンタルDXに取り組む株式会社TENT(本社:東京都新宿区,代表取締役 松田基臣)は、釣具販売大手の株式会社ワールドスポーツ(本社: 東京都小平市,代表取締役社長 古川尚人)と釣具用品レンタル事業にて協業を開始いたしましたので、お知らせいたします。


協業について

オンラインストア及び全国50店舗以上を展開する⼤型釣具店「釣具のキャスティング」は、2021年10⽉12⽇より、TENTが運営するレンタルモール「カウリル」にキャスティングオンラインストア レンタル(https://kauriru.com/casting-rental)の出店を開始しました。

キャスティングオンラインストア レンタルでは、ハイエンドモデルを中心とした150種類以上のロッドやリールを、ターゲットや釣⾏⽇に合わせて気軽にレンタル・お試し利⽤することが出来るようになります。また、配送だけではなく、全国50店舗以上の釣具のキャスティング店舗(一部地域は除く)にて、オンラインレンタルした釣具の受取・返却も可能です。

フィールドや対象⿂種によって、道具を1から揃える必要がある釣りのハードルを下げ、誰でも気軽に楽しく、最新釣具の魅⼒と釣りの醍醐味を体験できる機会を提供します。

また、レンタル対象釣具の在庫管理に関しては、TENTが運営するレンタル専⽤在庫管理ツール「ZAIKA」を活⽤し、効率的なレンタル運⽤及び収益管理を実現します。


ワールドスポーツからのコメント

株式会社ワールドスポーツ 代表取締役社⻑ 古川尚⼈⽒

時代は、物を買うから借りるまで消費の価値観が多様化して来ました。車にはじまり、家電などの生活用品からスキー、ゴルフ、カメラ、キャンプ・登山などの趣味用品まで様々です。
魚釣りも管理河川、淡水池や堤防、船宿などの釣り施設でのレンタル道具が用意されていますが、コストとメンテナンスの手間の問題から、どちらかと言えば、安価な物が中心となっています。

釣りには、対象魚ごとの道具と釣り方があります。魚に警戒されず釣れる確率をあげるために、また、釣り人が神経を集中して道具の操作がストレスなくできるように、「より軽く、より強く、より感度良く、よりスムーズな作動」を求めるため、高額な物からお手頃なものまで様々な商品があります。高額なものですと、ゴルフクラブのフルセットや電動自転車並みの物まで発売されています。

少しでも多くの人に釣りの醍醐味や奥深さを体験していただきたい。自然の中に身をあずけて魚との駆け引きをより快適に楽しんでいただきたい。釣りそのものの敷居を下げて新しい釣りスタイルを提案したい。そんな思いで弊社は、メーカー品の中から特にハイエンドモデルを厳選してレンタル事業を開始いたしました。

是非とも、弊社のレンタル釣具をご利用いただいて、ワクワクする新しい釣りの体験をしていただきたいと存じます。


TENT代表取締役 松田基臣からのコメント

子供の頃から大の釣り好きな私にとって、釣具レンタルの出店はカウリルを立ち上げた時からのひとつの目標でした。

今回「釣具のキャスティング」様とのレンタル協業が実現し、個人的にも使ってみたい様々なロッドやリールを、気軽にフィールドで利用出来るようになったことを非常に嬉しく思います。

今後は、レンタルプラットフォーマーとして、また、いちレンタルユーザーとして、釣具レンタルの利便性を高め、多くのアングラーに利用していただけるよう努力して参ります。まずは釣り好きの皆様、来たるヒラメ・甘鯛シーズン、ぜひ釣行お誘いください!